永久脱毛には色々な種類がある!自分にあった方法を見つけよう!

光脱毛の効果や仕組み

光脱毛とは、様々な長さの光を同時に使って脱毛をしていく方法です。

「ハンドピース」と呼ばれる光が照射される部分を脱毛したい部分に当てると、毛根のメラニン色素にのみ反応をするので皮膚を傷つけにくいのが特徴です。

さらに複数の光を使うことでメラニンに反応しにくい白髪や産毛の脱毛も可能です。

しかし、日焼けした肌や色素沈着・アザといった部分の皮膚には脱毛効果が得にくいため別の方法が取られることがあります。

この方法は、照射する範囲が広いので施術時間の大幅な短縮が可能となっています。そして医療脱毛にあたるのでサロンよりも効果の高い施術を受けることができます。

ポイントは、毛の生えかわるサイクルに合わせて施術を受ける必要があるため、2ヶ月から3ヶ月に1回は通えないといけません。

リスクは、まれではありますがヤケドが起こることがあります。しかし、医師が行う施術なのでヤケドの対処は適切に行われます。

IPL脱毛はどんなことをする?

IPL脱毛は、レーザー脱毛よりも若干弱い光を使って脱毛をしていくので、顔の産毛やVIOゾーンといったデリケートな部分の脱毛に適しています。

この方法は、毛根部分にあるメラニン色素に働きかけ、毛根や毛乳頭といった部分のたんぱく質にのみ当たって組織を破壊することで脱毛を促します。

さらに痛みを軽減した冷却装置も搭載されているので痛みに不安のある方や、肌が敏感な人でも安心して施術を受けられます。

痛みの目安は、ゴムで軽くはじいた程度なので大抵の人であれば問題ありません。

医療脱毛を新宿で始めるときの注意点として、月々の平均的な料金の相場を把握するだけでなく、担当者との相性を重視することがポイントです。